「介護」の資格の種類に関しては、今の介護担当者の不足もあり、次のようなものがあるのですが、需要は非常に大きいものがあるのでしょう。 介護福祉士:介護福祉法の規定に基づいた、身体的・精神的生涯で日常の生活行動に支障がある人たちの介護を行うための国家資格 居宅介護従事者:障害者の居宅介護に従事する資格で都道府県での研修の課程を修了したもの 訪問介護員:家庭奉仕員またはホームヘルパーと呼ばれている訪問介護員研修課程修了したもの 移動介護従事者:外出介護に重視するもので、都道府県で行う研修を終了したもの 重度訪問介護従事者:障害が重いと認定された障害程度区分3〜6の重度訪問介護に従事する都道府県知事の研修を終了したもの 感染管理介護福祉士:現在認定資格はないが、要介護者からの感染防止や、要介護者を感染から防ぐ感染管理を行うもの 介護支援専門員:要介護者に対し、ケアプランを作成し、ケアマネージメントを行う都道府県の指定研修及び経験を要求される 社会福祉士:身体的・精神的障害をもつ人の相談に応じて助言・指導やそれ以外の援助を行う国家資格 これらの介護資格はそれぞれの研修や国家試験などがあり、そのための教育講座や通信教育なども多数があるそうです。